作者不詳
「万国人物図巻物」
価格お問い合わせください
サイズ29.8×371.2(29.8×424.5)cm
素材絹本着色
備考巻物
江戸時代作
シミ、剥落
作品番号A2-95-363
作品解説
様々な国の人々の容貌が描かれる万国人物図は、鎖国時代に世界地理への関心の高まりとともに流行した。明、清、朝鮮、琉球、廣南、東京は「外国」、韃靼(ダッタン)、暹羅(シャムロウ)、咬留吧(ジャカタラ)、莫臥爾(モウル)、假佛兩(カフリ)、阿蘭陀(オランダ)は「外夷」として当時分類された。「外国」に比べ「外夷」の国々の人々は濃い隈取りでエキゾチックに描かれるのも、作者がもつ異境への意識が反映されているのだろう。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.65
2021「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求