魚屋 北渓
「筑波山下美人向いの風の図」
価格お問い合わせください
サイズ79.0×32.2(167.0×45.0)cm
素材絹本着色
備考落款・印
木村東介箱
作品番号A2-94-100
作品解説
北渓の美人画は、師葛飾北斎に倣った太く強い線による迫力のある大柄な姿から、次第に華奢で繊細な描写へと移行します。本作でも、風に吹かれてはだけた着物から、ほっそりとした脚をあらわにさせた娘が、繊麗に描かれ、師風を脱した北渓の画風がみられます。青く霞む筑波山を背景に、浅葱色の着物は爽やかでありながら、襦袢の鮮烈な赤の婀娜やかさが目を引く作品です。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求