「一痕の雪渓 (富安風生の句)」
価格¥100,000
サイズ33.1×45.0(117.4×50.1)cm
素材紙本墨書
備考軸装

共箱
昭和54年作
作品番号A2-98-017
作品解説
【読み】
一痕の
-続きはお問い合わせください-
金子 鷗亭(かねこ おうてい)
明治39(1906)北海道~平成13(2001)東京 書家。比田井天来に師事し、上田桑鳩が結成した書道芸術社に参加するとともに、昭和の書は昭和の文言で書くべきという「近代詩文書運動」を興す。毎日書道展開催に尽力。隋鷗社結成、その後創玄書道会を設立し、日本の書を世界に広めた。溝口健二監督『赤線地帯』、黒沢明監督『蜘蛛巣城』のタイトル揮毫でも有名。《丘壑寄懐抱》で日展文部大臣賞、日本芸術院賞受賞。文化勲章受章。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求