「人物像」
価格お問い合わせください
サイズ22.8×17.3(42.5×37.0)cm
素材紙にグワッシュ
備考額装
画中にサイン
木村東介シール
ヤケ
作品番号A2-98-173
作品解説
利行は後年から晩年にかけて多くの人物画、肖像画を描いていますが、彼はモデルの具象性ではなく自身の主観的な表現に重きを置いていたようです。本作の女性は凛として中性的な雰囲気でいながらも、不透明水彩を用いた軽妙な混色がその華やかさをしっかりと捉えています。利行がその画業において表現し続けた、対象の逸気や内なる感興がうかがえる一作です。
長谷川 利行(はせがわ としゆき )
明治24(1891)京都~昭和15(1940)東京 洋画家、歌人。中学時代より文学に傾倒し、上京後は大衆小説『講談雑誌』に小説を発表する傍ら絵画制作に励む。晩年は放浪生活を続けながら個展などでフォーヴィズム的画風の作品を発表した。新光洋画展入選。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求