「小艇図」
価格お問い合わせください
サイズ50.2×27.1(129.8×34.0)cm
素材絹本油彩
備考軸装
落款
幸田露伴箱
「川村清雄氏喜寿記念洋画展覧会」(三越、昭和4年)出品、同目録所収
シミ
作品番号A2-97-077
作品解説
水面を緩やかに滑るヴェネツィアン・ゴンドラ。船頭が漕ぐオールの先に水が滴る様子までもが描写され、端的ながらも高い写実表現が窺えます。《威尼斯図》の帆船とは対照的に、水面にはヴェールやフェッロ(船首の装飾部分)の白が映り、晴れやかで透明感ある雰囲気が感じられます。ギターを弾く男性は傍らの女性にセレナーデを奏でているのでしょうか。
川村 清雄(かわむら きよお)
嘉永5(1852)江戸~ 昭和9年(1934)奈良 洋画家。幼名は庄五郎、諱は修寛(ながひろ)。通称清兵衛、号に時童。7歳で住吉派の絵師住吉弘貫に入門した後、南画家の田能村直入、江戸にて春木南溟に師事する。その後開成所にて高橋由一らに西洋画法を学ぶ。勝海舟の庇護を受け、明治4年渡米、画家を志す。翌年渡欧し、ヴェネツィア美術学校にてヴェネチア派の巨匠に学ぶ。帰国後、明治22年、明治美術会創立に参加、解散後は巴会を結成する。油彩画の技術を極めながらも画題や構図、支持体に日本画的精神を取り入れた作風を見せる。明治洋画の先駆者の一人である。作品に《少女》《かたみの直垂》など。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.72
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求