「Daido hysteric no.8 1997」
価格¥350,000
サイズ29.7×23.7(30.5×25.3)cm
素材B&W print
備考裏面にサイン
『Daido hysteric no.8 1997』(ヒステリックグラマー、平成9年)所収
平成8~9年作(1996-1997)
作品番号A2-92-361
作品解説
この作品を所収する写真集『Daido hysteric No.8 1997』はコンパクトカメラで街に繰り出すシリーズのうち3冊目となります。『Daido hysteric no.6 1994』を含む前2作が東京を写したものであるのに対し、こちらは大阪で撮られ、夜の写真が多く収録されています。作家が生まれ故郷に見出したその個性が街の景色から断片的に切り取られ、写真のなかに込められています。
森山 大道(もりやま だいどう)
昭和13(1938)大阪~ 写真家。本名、大道(ひろみち)。大阪市立第二工芸高等学校図案科を中退し、岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て、フリーの写真家となる。中平卓馬らとの同人誌『プロヴォーク』の他、『カメラ毎日』『アサヒカメラ』等に掲載した70年代前後の写真が「アレ・ブレ・ボケ」と形容される特徴的な手法で知られる。日本写真家協会年度賞、ドイツ写真家協会賞など多数受賞。国内外で高い評価を得る。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求