岡田 三郎助(おかだ さぶろうすけ)洋画
1869(明治2)〜1939(昭和14)
出身県・ゆかりの県:東京佐賀
師:曾山 幸彦堀江 正章ラファエル・コラン
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
岡田 三郎助(おかだ さぶろうすけ)
佐賀市に生まれ、1971年上京。はじめ曾山幸彦に、ついで堀江正章に師事。1894年、久米桂一郎の紹介で黒田清輝を知り、外光派の作品に触れる。久米、黒田が指導する天真道場に入門し、1896年、白馬会の創立に参加。同年、東京美術学校西洋画科の開設に際し、助教授に就任する。翌年、第1回文部留学生として渡仏。黒田の師であったラファエル・コランに師事。東京美術学校教授に就任する。《紫の調(某婦人の肖像)》、審査員をつとめた第1回文展では出品作《紅衣婦人》、《萩》など、次々と着物姿の婦人像を発表し、その名を高めた。1912年、藤島武二と本郷洋画研究所を設立。柔らかな光の注ぐ風景の中の裸婦を描いた。風景画、肖像画も多く描いている。1937年、第1回文化勲章を受章。
岡田 三郎助のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、岡田 三郎助作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求