黒田 清輝(くろだ せいき)洋画
1866(慶応2)〜1924(大正13)
出身県・ゆかりの県:東京鹿児島
所属・会派:帝展
師:ラファエル=コラン
交流関係:山本 芳翠久米 桂一郎藤島 武二
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
黒田 清輝(くろだ せいき)
鹿児島藩士の子として鹿児島に生まれる。伯父黒田清綱の養嗣子となる。法律研究のためパリに留学中、山本芳翠らを知り洋画を志す。ラファエル=コランに師事。帰国後、外光派の画風を日本に導き入れ、久米桂一郎と画塾天真道場を設立、また久米・藤島武二らと白馬会を結成し、明治洋画壇革新の中心人物となった。東京美術学校西洋画科初代教授。帝室技芸員。国民美術協会会頭。帝国美術院長。貴族院議員。没後、遺志により黒田記念館(現:東京国立文化財研究所)が設置され、東西美術の研究が進められた。
黒田 清輝のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、黒田 清輝作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求