岡 鹿之助 「遊蝶花」shinwa
岡 鹿之助 「遊蝶花」shinwa
岡 鹿之助(おか しかのすけ)洋画
1898(明治31)〜1978(昭和53)
出身県・ゆかりの県:東京
所属・会派:春陽会
師:岡田 三郎助
弟子:池田 信一 池田 輝 三井 永一
岡 鹿之助(おか しかのすけ)
東京に、劇評家として著名な岡鬼太郎の長男として生まれる。1924(大正13)年東京美術大学を卒業後、渡仏。翌年、サロン・ドートンヌに「風景」を出品し、入選する。その展覧会場で自らの作品のマチエールが西洋絵画のそれに比べて劣ることに悩み、顔料、キャンバスについての基礎的な学習に取り組み、独自の点描技法を始める。これは新印象派の色彩分割による方法とは異なり、筆触を抑制して暈しの効果を加え、色価のバランスを取りつつ、褐色の統一的な色調と強固な画面構成をキャンバスの上で模索する性格のものであった。さらに、小さな筆触を一つひとつ置いていく根気を要する点描の作業過程が、自分の気質に合うゆったりとしたリズムであることを発見する。日本からの渡欧作家の多くが筆致の強調によるフォーヴ的な感情表現に傾いていった中で、日本人の苦手とする知的な分析に基づいた画面構成を目指した作者は、特異な存在と言えよう。1939(昭和14)年に帰国、翌年春陽会会員となり、静謐で詩情に満ちた幻想的な風景画(雪景色を描いたものが多い)を多く残した。1964(昭和39)年日本芸術院賞受賞。1968(同43)年日本芸術院会員となり、文化勲章を受章した。
岡 鹿之助のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求