牛島 憲之 「新樹」
牛島 憲之 「新樹」
牛島 憲之(うしじま のりゆき)洋画
1900(明治33)〜1997(平成9)
出身県・ゆかりの県:熊本
師:岡田 三郎助 小林 萬吾
交流関係:須田 寿
牛島 憲之(うしじま のりゆき)
大正8年上京、葵橋洋画研究所に通う。11年、東京美術学校西洋画科入学、岡田三郎助教室で学ぶ。昭和2年卒業。昭和5年から3年間、小林萬吾の同丹研究所でデッサンを続ける。8年、第14回帝展に「貝焼場の風景」初入選。11年、主線美術協会創立に参加。21年、第2回日展で「炎昼」特選。24年、須田寿らと立軌会結成。作風は、昭和30年頃の牧歌的で叙情的なものから独自の色彩感覚を用いた静謐な心象風景へと展開した。創元会会員。東京藝術大学教授。昭和57年文化功労者。58年文化勲章受章。
牛島 憲之のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、牛島 憲之作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求