鬼頭 鍋三郎「李朝鉢の桃」
鬼頭 鍋三郎「李朝鉢の桃」
鬼頭 鍋三郎(きとう なべざぶろう)洋画
1899(明治32)〜1982(昭和57)
出身県・ゆかりの県:愛知
所属・会派:帝展日展
師:岡田 三郎助
交流関係:松下 春雄
鬼頭 鍋三郎(きとう なべざぶろう)
1922年、松下春雄らとサンサシオンを設立。1924年第5回帝展に初入選、1934年第15回同展で「手をかざす女」が特選。1951年第17回日展、パリ自由美術展に「バレリーナ」出品。1年の渡欧の後、第11回日展出品作「アトリエにて」で日本芸術院賞を受賞する。1968年、愛知県立芸術大学教授に就任後、1970年には光風会理事長に就任。勲三等瑞宝章を受章する。1971年には、日展顧問に就任。
鬼頭 鍋三郎のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、鬼頭 鍋三郎作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求