バーナード・リーチ(バーナード・リーチ)工芸
1887(明治20)〜1979(昭和54)
出身県・ゆかりの県:東京千葉
師:6代目尾形乾山
バーナード・リーチ(バーナード・リーチ)
1887年、香港に生まれ日本で幼少期を過ごす。1903年、ロンドンのスレード美術学校に入学、1907年からロンドン美術学校でエッチングの技法を学んだ。そのとき高村光太郎と知り合う。1909年(明治42年)、日本に戻り東京・上野に居を構えた。生涯の友となる柳宗悦をはじめ白樺派の青年達と知り合い、1917年には我孫子にて版画指導を行った。また、富本憲吉の影響で茶道や茶道具に惹かれ、1912年に6代尾形乾山に陶芸を学び、1917年、我孫子の柳の家に窯を開いて陶芸家としての一歩を踏み出し、後に7代乾山の名を免許された。この時陶芸家の濱田庄司と友人になり、1920年に濱田とともにイギリスのセント・アイヴスに移り日本の伝統的な登り窯を開き、1922年には「リーチ・ポタリー」(Leach Pottery)という名の窯を開いた。1963年に大英帝国勲章(Order of CBE)を受章し、1974年、に国際交流基金賞を受賞している。
バーナード・リーチのことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求