浜田庄司「柿釉赤繪方壷」
浜田庄司「柿釉赤繪方壷」
濱田 庄司(はまだ しょうじ)工芸
1864(明治27)〜1978(昭和53)
出身県・ゆかりの県:神奈川栃木
所属・会派:民芸派
交流関係:河井 寛次郎
濱田 庄司(はまだ しょうじ)
陶芸家。1916年東京高等工業学校卒業後、河井寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行う。1920年帰国するB・リーチと共に渡英、築窯作陶に勤しむ。その後沖縄・壺屋窯などで学び、1930年からは栃木県益子市で作陶。殆ど手轆轤のみを使用するシンプルな造形と、釉薬の流描による大胆な模様を得意とした。柳宗悦の流れをうけて民芸運動に熱心であったことでも知られる。人間国宝認定、1968年文化勲章。
濱田 庄司のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、濱田 庄司作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求