「大明竹栽培図」
価格お問い合わせください
サイズ120.9×35.2(204.0×48.8)cm
素材絹本着色
備考軸装
落款・印
松本枩蔵(雙軒庵)所蔵印箱、金山痴庵箱
松本枩蔵(雙軒庵)旧蔵
石川宗寂旧蔵
新津恒吉旧蔵
竹田会発行「田能村竹田百年祭紀念遺墨展観」(寛永寺、昭和9年)出品
『大分県先哲叢書 田能村竹田 資料集絵画篇』(大分県教育委員会、平成4年)、『松本枩蔵氏所蔵竹田先生画譜 続篇』(便利堂、昭和5年)、「某大家所蔵品石川宗寂翁愛蔵品入札目録」(東京美術倶楽部、昭和12年)所収
作品番号A2-97-113
キーワード花・植物
作品解説
人から分けてもらい受け、竹田荘に栽培していた大明竹は、明朝より舶来せしものという。当時すでに明の滅亡から二百年が経とうとしていたが、竹田はその竹に望郷の思いと亡国への悲嘆を感じ取った。しかし画に悲壮感はなく、竹の葉のしなやかさに見立てた唐美人は凛として子孫繁栄の吉祥性を帯びる。箱書によれば明治には竹田荘にその姿も見られなかったとされるが、濃淡を変え渇筆を含むなど墨の表情豊かに描かれる竹の、風を受けて揺れた葉が鳴らす声は今もこちらに聴こえてくる。

【読み】
白木長鑱一柄使妻自
-続きはお問い合わせください-
田能村 竹田(たのむら ちくでん)
安永6(1777)豊後~ 天保6(1835) 文人画家。名は孝憲、字は君彝。別号に九畳仙史、随縁居士など。儒学、漢学を唐橋君山、伊藤鏡河らに師事し、『豊後国志』の編纂に携る。絵は谷文晁、淵野真斎らに学び、中国画の研究や多くの文人墨客との交流により独自の画風を確立し、詩歌や書、茶香、華道共にも優れた才能を示す。交際のあった人物に浦上玉堂、上田秋成、頼山陽、岡田半江、青木木米など。養継子の直入他、多くの弟子も育てた。代表作に《松巒古寺図》、《亦復一楽帖》など。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.71
2022「冬号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求