「浪華の蝶」
価格お問い合わせください
サイズ110.5×28.0(177.7×39.0)cm
素材絹本着色
備考軸装
落款・印
東京美術倶楽部鑑定書
シミ、ヤケ
作品番号A2-95-014
キーワード美人画
作品解説
【読み】
たよたよと倒れ伏したる君見れは
-続きはお問い合わせください-

竹久 夢二(たけひさ ゆめじ)
明治17(1884)岡山~昭和9(1934)長野 日本画家、詩人。本名、茂次郎。早稲田実業学校専攻科中退。藤島武二に私淑し、新聞や雑誌に挿絵を描く。叙情的ないわゆる夢二式美人画で、明治末から大正初期にかけて一世を風靡した。
吉井 勇(よしい いさむ)
明治19(1886)東京~昭和35(1960) 歌人、脚本家。早稲田大学政治経済科中退。新詩社に入り、『明星』に短歌を発表。後、耽美派の拠点となる「パンの会」を北原白秋らと結成する。明治42年、『スバル』刊行後は編集、執筆として活躍し、戯曲作家としても高い世評を得る。日本芸術院会員。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求