吉井 勇(よしい いさむ)
明治19(1886)東京~昭和35(1960) 歌人、脚本家。早稲田大学政治経済科中退。新詩社に入り、『明星』に短歌を発表。後、耽美派の拠点となる「パンの会」を北原白秋らと結成する。明治42年、『スバル』刊行後は編集、執筆として活躍し、戯曲作家としても高い世評を得る。日本芸術院会員。
吉井 勇作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「吉井 勇」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求