「桜の御歌」
価格¥100,000
サイズ21.5×19.0(122.0×48.0)cm
素材紙本墨書
備考軸装
落款
経年劣化
作品番号A2-93-138
作品解説
【読み】
嶋花     雅章
わたつ海のいはふ
かさしの花ならしこ
のしまかくれにほふ
さくらは
飛鳥井 雅章(あすかい まさあき )
慶長16(1611)~延宝7(1679) 江戸前期の公卿、歌人。初名、雅昭。飛鳥井雅庸の三男。兄雅宣の養子となり、飛鳥井家を継ぐ。家学である和歌、蹴鞠、書に秀で宮中歌壇を中心に活躍し、後水尾天皇から古今伝授を受ける。武家伝奏。従一位。著書に『雅章卿詠草』、『蹴鞠之記』など。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求