「「桃塢梨園」二行」
価格¥300,000
サイズ178.5×23.7(220.0×40.5)cm
素材紙本墨書
備考軸装

シミ、折れ
作品番号A2-92-322
作品解説
【読み】
桃塢梨園春一隔何遂春色留春陽校書縑墨披
-省略-
続きはお問い合わせください
副島 種臣(そえじま たねおみ)
文政11(1828)佐賀~明治38(1905) 政治家。通称二郎、号は蒼海、一々学人。勲一等。爵位は伯爵。藩校致遠館の教授を務めたのち、フルベッキに師事。維新後は明治政府の外務卿に就任するも征韓論を唱えて下野。その後は宮中に出仕し、宮中顧問官、枢密顧問官、枢密院副議長を歴任、第1次松方内閣の内相も務めた。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求