東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2010年9月 3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.227 猛暑に効く古城や幽霊や

2010/9/3発行 発行 株式会社 秋華洞 http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・今週の更新情報&注目トピックス! ・カタログ24号よりご紹介 ?生きて絵の描ける喜び 西村龍介? ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 □■□■□■□■□■□■  先日、千駄木にある全生庵というお寺で行われた『三遊亭圓朝コレクション 幽 霊画展』に行ってきました。展示室には幕末から明治にかけて活躍した画家たち の描く幽霊画の掛軸がズラリ。円山応挙、柴田是真、松本楓湖、菊池容斎、最近 弊社で取り扱うようになった伊藤晴雨など、巨匠たちが思い思いのユーレイを描 いており、その様子は怖いというよりもむしろ壮観でした。 残念ながら今年の開催はすでに終了。展示は毎年内容を変えて行われているよう なので、来年以降、ぜひ機会があれば訪ねてみてください。 山岡鉄舟ゆかりの寺 全生庵 http://www.theway.jp/zen/ さて、今週も新作情報のご紹介から猛暑に効くアートまで、情報もりだくさんで お届けいたします。ぜひ最後までお付き合いください。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□ 今週の更新情報&注目トピックス! ■□■□■□■  秋華洞スタッフブログでは伊藤晴雨、疱瘡絵、月岡芳年『月百姿』、そして最 近誕生した秋華洞ゆるキャラなどをご紹介しています。ぜひご覧ください。 秋華洞スタッフブログ http://www.aojc.co.jp/staff_blog/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□ カタログ24号よりご紹介 ?生きて絵の描ける喜び 西村龍介? ■□  9月に入ってもまだこの暑さ。どこか海外の涼しい避暑地に逃亡したい衝動に かられます。そんな時、この画家の作品を観ると束の間の清涼感が心に訪れます。  西村龍介は大正9年に山口市で生まれました。自然豊かな瀬戸内海沖でのびの びと成長した彼は、昭和16年に上京、日本美術学校日本画科に入学して川崎小虎 や矢沢弦月から指導を受けます。  絵に対する強い思いとは裏腹に、卒業後すぐに出征し特攻隊要員として参戦し た彼は、九死に一生を得て故郷山口市へと舞い戻ります。瑠璃光寺という寺の一 室を画室として使い、生きて絵の描ける歓びを心から味わった彼は、その後油絵 に転向して数々の受賞を重ねていきました。  昭和41年に渡欧すると、その後毎年ヨーロッパに渡り古城をテーマとした作品 を手掛けるようになります。点描で表された静謐な雰囲気の風景画は二科会を中 心に高い評価を受け、内閣勝利大臣賞を受賞しました。  カタログ24号No.53『水辺の城』は、水辺にひっそりと佇む西洋風の城が、湖 面に美しく映り込んでいる姿を描いています。近くで観ると、いくつもの色がキャ ンバスに細かく乗せられていることに気付き、離れて観ると、その計算された構 図に嘆息させられます。 ぜひ一度、実物を観ていただきたい逸品です。 西村龍介『水辺の城』 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/A2-85-101.html カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■ □ 黄檗鶴亭 『千羽鶴』 伊藤若冲のお師匠さんと言われる鶴亭の描くツル、ツル、ツル! http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A2-85-180.html □ 平櫛田中  『五字書 酒中有深味』 酒の中に人生の深みがある、そういうこと。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/fude/A2-85-47.html □ 三輪良平 『舞妓 あやとり』 久しぶりにあやとりがしたくなりました。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/jpn/A2-85-162.html □ 西村龍介『水辺の城』 住むなら右から二番目の塔の最上階希望です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/A2-85-101.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2010年9月 3日 10:50