東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2010年8月 5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.225 カタログ「盛夏号」完成!

2010/8/5発行 発行 株式会社 秋華洞 http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・夏季休業のおしらせ ・カタログ「盛夏号」みどころを一挙ご紹介! ・最新カタログよりご紹介 ?絵を愛し、歴史を愛した邨田丹陵? ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 □■□■□■□■□■□■  カタログ「盛夏号」、ようやく完成しました!今回も解説やキャッチコピーな どで試行錯誤を繰り返しましたが、印刷所での出張校正の際に話題に上がったの が、作品の“色”について。  古画の場合、きれいに見えればいいというものでもなく、さらに岩絵具の微妙 なニュアンスを誌面でおつたえするのは本当に難しい。今回もよりホンモノに近 い写真を採用しましたが「現物が見たい!」という方は遠慮なさらず、ぜひお気 軽に弊社までお問い合わせください。  さて、今回もカタログの見どころから新作情報まで、役立つ知識満載でおとど けいたします。ぜひ最後までお付き合いください! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□ 夏季休業のおしらせ ■□  誠に勝手ながら、8月13日(金)?8月17日までの5日間を夏季休業とさせてい ただきます。ご注文、査定のご返答は18日以降となりますので、なにとぞご承知 おきくださいますよう、お願いいたします。  皆様、よいお盆休みをお過ごしくださいませ。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□ カタログ「盛夏号」みどころを一挙ご紹介! ■□  25号はいつもよりお手頃な作品が比較的多め。実力ある画家たちの優品をグッ ドプライスでご紹介しています。  内容としては親鸞聖人の生涯を綴った双幅、蓮の墨印が美しい高山寺の写経大 般若、伊藤若冲の海老図、狩野常信の三幅対、“乞食月僊”と呼ばれた画僧の朝 顔、小林清親の肉筆、徳岡神泉&山本丘人の若描き、牧進、川合玉堂、宮永岳彦、 吉井淳二、藤井勉、棟方志功、土田麦僊などなど。  浮世絵ページの冒頭を飾るのは、祇園井特の肉筆美人画。お馴染みの北斎や広 重に加え、近代木版画や画稿もご紹介しています。巻末にはためになる美術用語 解説も掲載。作品点数も情報量ももりだくさんな一冊です。  「まだカタログを見たことがない」という方、ぜひ一度サンプルをご請求くだ さい。お問い合わせお待ちしております! カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□ 初夏カタログよりご紹介 ?絵を愛し、歴史を愛した邨田丹陵? ■□  新しいカタログが出ると、どうしても過去カタログの存在が霞みがち。私自身 新しいもの=いいものという方程式が体に染みついているところがありますが、 こと美術品に関しては、これが当てはまらないように思います。  25号が発行されましたが、まだまだ24号にも魅力あふれる作品が残っておりま すのでお見逃しなく!  今回はそんな中から、歴史的哀話のワンシーンを描いた作品をご紹介。 邨田丹陵は明治5年に東京で生まれました。吉沢素山、川辺御楯に絵の手ほどき を受ける一方、父・直景に史学を学んだ丹陵。これはのちに数々の歴史画の秀作 を生み出すことになった彼の原点になったといえます。  土佐派の流れを受け継いだ人物、花鳥、山水画を描き、日本青年会や日本美術 院で受賞を重ねる一方、海外で人気の小圃千浦を輩出するなど、丹陵は弟子の育 成にも熱心だったようです。由緒正しき宮内省御用品も手掛けている彼の作品か らは、絵と向き合う真面目で実直な人柄がうかがえます。  カタログNo.40『小督局』は、そんな彼の得意分野である歴史を題材とした一 作。後宮として高倉天皇の寵愛をうけながらも、平清盛の怒りを買って宮中を追 い出された小督局が、粗末な小屋で夫への恋情を込めた『想夫恋』を奏でる姿が 描かれています。  絹糸のように細い髪、家屋を構成する正確な線描が、画面の静謐な雰囲気を引 き立てる隠れた名品です。   邨田丹陵「小督局」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A2-85-112.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■ □ 邨田丹陵 『小督局』 愛しき者を想い音楽を奏でるのは人のサガ。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A2-85-112.html □ 今尾景祥 『菊花小禽図』 恋人の帰りを待ちわびる彼女の背中のようにも見えたり。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A2-85-80.html □ 大橋翠石  『雪中猛豹図』 トラが得意な作者が描いたヒョウ http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A10-212.html □ 松本一洋 『蟲ノ音』 虫を描かずして、その声を想起させる。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/jpn/A2-85-117.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「クレドオークション」美術品のオンラインオークション http://www.credo-auction.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2010年8月 5日 16:16