東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年10月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.139 ?中国仏画は“早すぎた”!??

□■ 『日本美術そうだったのか通信』Vol.139 ?中国仏画は“早すぎた”!?? ■□ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・展覧会1000本ノック?宋元仏画展? ・スタッフブログ ■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご挨拶■□■ 寒いですね?、乾燥してまいりましたね?。 みなさま風邪などひいておりませんでしょうか。 秋も深まりつつあるこの頃、私たちの心もだんだんと彩どられてまいります。 山へ、海へ、美術館へ! 行く前に、このメールマガジンをお読みいただければ幸いです。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■展覧会1000本ノック□■□  6本目! 神奈川県立歴史博物館「宋元仏画」展 http://ch.kanagawa-museum.jp/  室町時代の日本絵画のルーツというか、元ネタというか、中国の宋時代・ 元時代の仏画を展示し、さらに日本のそれと比較するという、とってもアカ デミックな展覧会です。総点で50点ほど。展示数も適切で、じっくり見るこ とができます。京都嵯峨・清涼寺の「十六羅漢図」(国宝!普段みられません…) をはじめ、迫力ある仏画、禅宗画が勢ぞろい。「十六羅漢」とか、「十王図」 とか、揃い物ばかりなので、こまめに展示換えもするそうです。  ここにある作品は、確かに後の狩野派などが模写し、いわゆる“粉本”と して図様が伝えられていった中国画です。例えば十六羅漢のうち、幕末頃の 伊川院や晴川院が、欠損した図を補筆して、それら500年くらい前の中国画 の揃い物と一緒になっている、というような例もあります。  しかしながら!とにかく展示されている中国画たちは、“早すぎた”とし か言いようがないほど技巧的に凝ったものばかりでした。これは驚き。蔡山 という画家の作品は、もう丸っきり日本の近代仏画です。下村観山あたりの。 会場である神奈川歴博蔵の「十六羅漢図」は、室町前期くらいの土佐派の作 品だと思われる優品ですが、これは展示されている金大受という画家の「十 六羅漢図」の写しでした。しかし、金大受のアクのある陰影表現や、肉感と いうものが、日本の土佐派の写しでは全く削がれて、とても平面的な造形に なっています。  日本絵画の淵源には、常に中国画があるというのは、常識となっています が、その伝播のされ方には一山ふた山あるということを、まざまざと実感し ました。受容のされ方、ということになると、室町政権における“唐物”と いう享受のされ方もあり、さらに複雑な状況を呈することでしょう。  謎も残り、作品も素晴らしい。いい展覧会です。是非! 余談ですがこの展覧会、この文章を書いている中島の、先輩にあたる方が担 当しております。 ぜひぜひ、ご来場お願いします?。 ※神奈川県立歴史博物館は、 みなとみらい線・馬車道駅下車、博物館口を出てすぐ JR桜木町駅からも徒歩でいけます。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■スタッフブログ■□■  ご挨拶で、「風邪などひいておりませんか?」と申し上げたのですが…うち のオフィスで風邪が猛威を振るっています…。今週は諸々出張も重なり、なお かつ風邪引きさんも続々。2週間くらい治ってないスタッフもいます。  今週のメルマガがやや短めになってしまって申し訳ないのですが、背景には 風邪ウィルスの悪戯があります…次のカタログの制作、新事業の準備など、諸 々予定が立て込んではおりますが、カタログ12号も力作揃い!着々と制作が進 行しています。 ともかく寒くなり、乾燥してまいりました。 汗かきの中島はまだ夏用スーツを着ているのですが、そろそろスースーして 寒いです。でも、この季節、一年で一番好きだったりします。 ではでは、来週までみなさまお元気で ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子、中島洋平がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年10月26日 18:16