東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年4月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.118 確かな一歩!

□■□■ 『日本美術そうだったのか通信』Vol.118 確かな一歩! 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。(まぐまぐ、メルマで登録されている 方は上記リンクの中にそれぞれの メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ごあいさつ ・感謝第二弾!アートフェア東京 ・田中社長インタビュー ?アートフェア東京を終えて? ・新入荷作品 ■□■□■□■□■□■□■ 皆様こんにちは!!桜も散り、4月も半ばを過ぎたというのに、再び冬到来と いった寒さが続いた一週間でしたね。 皆様お風邪など引いておりませんでしょうか? 「ゴホッ、ゴホッッ。」秋華洞スタッフの中には、すでに風邪の兆候が見ら れる者が約一名。・・・・私です。トホホ。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■感謝第二弾!アートフェア東京■□■ 秋華洞初のアートフェア東京進出も終え 「秋田蘭画展示してよかったね。」 「場所も最高だったよ。」 「こんなお客様がいらっしゃったよ●△■◇◎▼様とか。」(へぇ?!) 「マセラティ(※1)欲しかったなぁ?。(会長)」 とちょっと話が脇道にそれたりしながらも、連日繰り返される反省会、そして 今後の戦略会議等々。 そんな中、「アートフェアで秋華洞さんの作品を見て、ご連絡しているので すが。」というお問い合わせが今週はちらほら。 嬉しい限りでございます! ご来場の皆様 改めて、スタッフ一同心より感謝申し上げます。 (※1) 弊社のブース前には、なぜか高級車 ”マセラティ”が展示してあったのです。 ■□■弊社田中社長インタビュー ?アートフェア東京を終えて?■□■ 社長丁稚・ログですでにアートフェアの様子をご覧頂いたかと思いますが (まだご覧になってない方は是非!  こちら→ http://blog.livedoor.jp/syukado/) 今回は、新たなるビジョンに向かって燃えに燃えている!?弊社田中社長に 迫ってみたいと思います。 ─ アートフェア東京を終えた感想をお聞かせください。 社長 「人数の多さになによりびっくりしました。平日なのでお客様が来な いのでは?と心配でしたが、開場前には人がずらりっと並んで、海外の方も 多くいらしてびっくりしました。」 ─ 今回のアートフェア東京において、一番の収穫はなんですか? 社長「やっぱり、普段の営業活動では出会う事が出来ないお客様との出会い がなによりの収穫でした。これからも、これをきっかけにどんどん色んな繋 がりが出てくるだろうなという手応えはありますね。」 ─ 社長丁稚・ログによると、NYアートフェア進出をお考えだとか?  社長「はい、考えています。はっきりとマーケットがあるはずなので。日本 が日本である為に一番大切なのは文化ですが、日本はなぜか国として文化に お金を使いません。日本美術は1000年以上の歴史をもちますが、それを 正しく世界に発信する事は、日本人の存在感と誇りを示す為に大事なことだ と思います。それのみならず正しいメッセージを世界にも伝えていきたいで すね。」 ─ 今後の秋華洞のビジョンを短くお聞かせください。 社長「美術品を買ったり集めたりする過程の中で、この会社に触れてよかっ たという体験をお客様に味わってもらいたい。世界進出だとか大きな夢はあ りますが、それを実現させるためにも、一番大切な事は、いつもお客様に心 から満足して頂くことで、さらにそのためには、スタッフが誇りをもって楽 しく働ける職場を作ることだと思います。」 ─ ご来場下さったお客様に一言。 社長「弊社のブースにご来場頂きありがとうございました。日本画を扱って いる弊社は、唯一ホッとするスペースだと特にご年配の方にはしばしば言っ ていただきました。僕らのように古い物を扱うお店は数少なくなっているよ うですが、古い物をきちんと伝えていける、しかも若々しいお店を目指して いますので、これからもおつきあいくださいね。」 初のアートフェアを終え、確かな一歩を踏み出した私達です。 一歩一歩大きな夢へと向かって行きたいなと思っております。 これからの秋華洞に、どうぞご期待くださいませ!! ■□■おんらいんぎゃらりい“新作掲載”■□■ 今週もアップしております、新入荷作品! 今回は、爽やかで涼しげな作品が二点です。 □川上拙以「水中自得」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/KAWAKAMI_SETSUI/A06-1509.html 透き通るような甲羅、スラスラと描かれた足や水草、つぶらな目、どれもな んて愛らしい!大胆な余白で、揺れる水草の上の水色以外、水中であるとい うのが分かりにくいかもしれませんが、表装にご注目。泳ぐ小魚柄なんです よ! □三輪晁勢 「爽涼」  http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/MIWA_CHOUSEI/A07-0086.html 岩と、生える撫子と、鶺鴒だけのミニマルな画面ですが、撫子も鶺鴒も水辺 に生息する生き物、小川の存在が暗示されています。大胆な余白の中に漂う 涼しさを感じてください。しかし、撫子の下の若葉の意味は・・・? ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 今回の編集は桑田郁子、作品解説中島洋平でした。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年4月21日 11:50