東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2004年10月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.21 高山辰雄の世界その2

□■□■ 「日本美術そうだったのか通信」 Vol.21       発行 有限会社アートオフィスJC  http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04utau61qsv60r ------------------------------------------------------------ 今日の一枚 □高山辰雄『映』 http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04uuau61qsv60r ------------------------------------------------------------  いつもお読み頂き有難うございます。  アートオフィスJC 田中千秋です。 まだ天気のほうは晴れませんね。 今日は予告通り高山辰雄先生の世界についてもう少し書きます。 現存の先生ですので、呼称が難しいのですが、ここでは敬称を略して、高山、とさ せて頂きます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高山の絵を見ると、瞬間、冷たい。 その後、じわじわと暖かさが伝わってくるような気がします。 あるいは、冷たい水に手を入れると、最初あつく感じる感覚の「逆」の感覚。 何故、なのでしょう。 ---------------------------------------------------- 多分、ある種の普遍性、の様なものを、高山のどんな絵を見ても、探そうとしてい る、露わそうとしているような気がします。 家族。 道。 宇宙。 絵というものの原初は、多分そこにあるものを人に伝える、ということから始まっ たのでしょうが、やがて近世の日本画の主題の多くが、自分の外にある「お話」を 語り、近代、つまり明治以後もその余波で絵がかかれたのにたいして、おそらくハッ キリと内面的そして普遍的な「物語」を語り始めた<最初>の日本画かもしれませ ん。 高山は、江戸期に田能村竹田・直入、昭和に福田平八郎を輩出した大分県で生まれ ました。 東京美術学校で松岡映丘に学び、1936年に卒業して、映丘門下の同人グループ瑠爽 社に参加しますが、やがて大戦に突入、戦後の日展に落選、戦後の困窮の中で画家 としても壁に突き当たります。 このとき山本丘人に勧められて読んだゴーギャンの伝記において、お金のために知 人や画商に絵を売り込むが、いざ絵筆を握ると「売り絵」の書けないゴーギャンの 矛盾する姿に感銘を受けて、次のように思ったそうです。 「それからは貧乏があまりこわくなくなったし、画についても、入選、落選、特選 とかをはなれて、多少自分というものがわかってきたような気がしました。もう色 でも形でも自分の好き勝手に描いてやれという覚悟も出来ました。」※1 やがて高山のテーマは、日常の周囲にあるものからはなれて、より根源的で詩的な 世界に、画題としては、「月」「道」そして「家族」「宗教」へと変遷していきま す。 「ただ画が目的で生きているのではないと思うのです。もっと大事なことを考えて おかないといけないような気が僕にはするのですね。」※2 本マガジン Vol.19 で触れた「たべる」で人間の生きることの根元を露わにして 見せた高山の画は、どこかでいつも人が生きてあることの不思議さ、あたたかさ、 哀しさ、そしてそれが、どこから来ていて、どこに繋がっているのか、という「問 い」が沈潜しているように思います。 高山の画にふれたときの一瞬の<冷たさ>は人の世で生きることの酷薄さを象徴し ているようにも見えますし、あるいは、宇宙そのものの絶対零度の現実を表象して いるようにも見えます。 しかしそのなかで必ずと言っていいほど、<家>があり、あるいは<道>があり、 または<家族>がわずかな温もりをジワリと伝えてきます。 高山の画は、たんに装飾的に美しい、ということをおおきくはみ出して、人生その ものの味を、どこまでも静かに伝えてきているのではないでしょうか。 ====================================================== http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04uvau61qsv60r 高山辰雄「映」 紙本・着色 額装 ====================================================== 四角く丸く様式化された「道」と「森」の夜景の奥に、民家の灯りが見えます。そ の家は自分もそこに帰るのかもしれない、そういう普遍的な<家>なのではないでしょ うか。 そして高山の風景画に必ずといって登場する道は、ここでも画面手前と、画面右に 繋がっています。画面の<家>にも家族がいるのでしょうし、その道の先にも、私 やあなたの家族がいるのでしょう。あるいは、おおきく歴史を遡った家族もいるの でしょうし、未来の「家族」もいるのかもしれません。 ※1「高山辰雄展 日本経済新聞社発行 2000年」より引用。ただし、菊地芳一郎 編「現代美術かシリーズ1」より孫引となる。 ※2 引用は同上。「巨匠を訪ねて」 日本美術78 1971年7月号より孫引。 高山辰雄についての参考リンク 富山県水墨美術館 高山辰雄?墨色の世界展 http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/exh_0405.htm 康耀堂美術館 http://www.koyodo-museum.com/ 小川美術館 高山辰雄展 ?聖家族? http://www.yayoigallery.com/current-exhibit/current-exhibit.htm 本日は読んで下さいまして有難う御座います。 また明日! ************************************************************************ ご意見、お待ちしています。このメールへの返信で私に届きます。 投稿いただいた方は、本メルマガに掲載する場合があります。匿名希望の方、掲 載はお困りの方はその旨お書き添え下さい。 ************************************************************************ ?????????????????????????????? アートオフィスJC販売作品リスト http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04uzau61qsv60r 美術品無料査定・買取致します。 http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04u0au62qsv60r カタログ請求はこちら http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04u1au62qsv60r 「書画・絵画鑑定マニュアル」ご請求はこちら http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04u2au62qsv60r ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」10月回廊予定で準備中! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 有限会社アートオフィスJC  http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04u3au62qsv60r TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ chiaki-magazine@aojc.co.jp (このメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://backnumber.combzmail.jp/mmz/backnumber/h4vn_backnumber.htm ◎マガジン登録、変更、解除→ http://k.c.cbz.jp/t/h4vn/si04u5au62qsv60r ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2004年10月14日 17:45