木村 武山(きむら ぶざん)日本画
1876(明治9)〜1942( 昭和17)
出身県・ゆかりの県:東京茨城
所属・会派:日本美術院
師:川端 玉章岡倉 天心桜井 華陵
木村 武山(きむら ぶざん)
茨城県出身。本名は信太郎。本名信太郎。東京美術学校(現:東京芸術大学)卒業。桜井華陵、川端玉章に師事。日本絵画協会絵画共進会で受賞を重ね、岡倉天心の新美術運動に参加。日本美術院復興の折には優れた技巧、色彩感覚を生かした花鳥画、仏画を出品し、横山大観や下村観山と共に尽力した。
木村 武山のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、木村 武山作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求