川端玉章「春秋山水図」(部分)
川端玉章「春秋山水図」(部分)
川端 玉章(かわばた ぎょくしょう)日本画
1842(天保13)〜1913(大正2)
出身県・ゆかりの県:東京京都
所属・会派:円山四条派
師:中島 来章 小田 海僊 高橋 由一
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
川端 玉章(かわばた ぎょくしょう)
 1852(嘉永5)年中島来章に師事、 円山派 を学び、また小田海僊に指導を仰ぐ。 1866(慶応2)年江戸に出、下絵描きなどのかたわら高橋由一に油絵を習う。内国勧業博覧会で受賞を重ねるなど活躍を続け、1896(明治29)年帝室技芸員となる。 この間、1878(明治11)年画塾天真堂(天真社)を開設、円山派を東都に伝える。また1888(明治21)年開校した 東京美術学校に招かれ、1891(明治23)年に教授となる。1909(明治42)年東京小石川に、川端画学校を開校、実技教育に大きく貢献する。1912(明治45)年東京美術学校を退職。円山派最後の巨匠と評される一方で、洒脱な作品を数多く残している。
川端 玉章のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、川端 玉章作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求