下村観山「木の間の秋」
下村観山「木の間の秋」
下村 観山(しもむら かんざん)日本画
1873(明治6)〜1930(昭和5)
出身県・ゆかりの県:東京和歌山
交流関係:横山 大観菱田 春草西郷 孤月
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
下村 観山(しもむら かんざん)
 本名晴三郎。和歌山市に生まれ、明治14年家族とともに東京に移住、15年狩野芳崖に入門、19年芳崖の紹介で橋本雅邦に師事する。22年東京美術学校の開校とともに 日本画科 に入学、同級に横山大観、西郷孤月らがいた。27年東京美術学校第二回生として孤月らとともに卒業、同校助教授となるが、31年辞職させられた東京美術学校校長岡倉天心に殉じて雅邦、大観、菱田春草らとともに連快辞職、天心を助け雅邦、大観らとともに日本美術院の創立に参加、正員となる。明治34年東京美術学校に教授として復職、36年には美校から初めての文部省留学生としてイギリス留学する。確かな技巧、深い東洋画への洞察による高純な名品の数々を残した。
下村 観山のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、下村 観山作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求