「「明籌奇策」三行」
価格お問い合わせください
サイズ133.5×61.0(200.4×78.2)cm
素材紙本墨書
備考軸装
落款
「西郷南洲顕彰会専門委員」鑑定書

"【読み】
明籌奇策不可摸正勤
王事是真儒憶君一死七
生語抱此忠魂今有無
         南洲"
作品番号A2-93-408
作品解説
「策略は他の者には想像できず、彼こそが王に忠誠を尽くした真の儒者であり、今の時世にこのような人はいるだろうか」と、南北朝時代の英雄楠木正成を称えています。元は菊池容斎の絵に題したもので、南洲はその後も何度か揮毫しており、世間でも広く知られていました。明治天皇への忠心を強く抱いていた南洲の人柄を示す詩と言えるでしょう。"
西郷 南洲(さいごう なんしゅう)
文政10(1827)薩摩~明治10(1877)鹿児島 幕末・明治の薩摩藩士・政治家。諱は隆永のちに武雄・隆盛。号は南洲。討幕派の指導者として薩長同盟・王政復古・戊辰戦争を指揮する。維新後は政府の参議となるが、征韓論に敗れて帰郷、不平士族層に推され、西南戦争を起こした。書は川口雪篷、鄭嘉訓、鮫島白鶴を経て、陳元輔、岳飛、懐素等から影響を受けたとされ、雄渾な筆致は躍動感に富む。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求