西郷 南洲(さいごう なんしゅう)
文政10(1827)薩摩~明治10(1877)鹿児島 幕末・明治の薩摩藩士・政治家。諱は隆永のちに武雄・隆盛。号は南洲。討幕派の指導者として薩長同盟・王政復古・戊辰戦争を指揮する。維新後は政府の参議となるが、征韓論に敗れて帰郷、不平士族層に推され、西南戦争を起こした。書は川口雪篷、鄭嘉訓、鮫島白鶴を経て、陳元輔、岳飛、懐素等から影響を受けたとされ、雄渾な筆致は躍動感に富む。
西郷 南洲
「「明籌奇策」三行」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
西郷 南洲作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「西郷 南洲」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求