「早春」
価格お問い合わせください
サイズ51.0×56.5(160.5×72.2)cm
素材絹本着色
備考軸装
落款・印
共箱・二重箱
作品番号A2-93-081
作品解説
手を休め、ふと見上げた先には梅の枝。唇にさした紅は花よりも赤く、彼女の顔をつややかに引き立てる。その手元にある和本を古今和歌集と知れば、こうした歌も想起されよう。
 君ならで誰にか見せむ梅の花 色をも香をも知る人ぞ知る(紀友則)
春告草の香りに、彼女は誰を想うのであろうか。新しい季節の訪れが、胸を静かに高鳴らせる一幅である。
伊藤 小坡(いとう しょうは)
明治10(1877)三重~昭和43(1968)京都 日本画家。夫は日本画家の伊藤鷺城。はじめ森川曽文に学び、のち谷口香嶠に師事。第9回文展で初入選し、以来主として官展に出品し続けた。竹内栖鳳の竹杖会に入り、上村松園と並ぶ閨秀画家として知られた。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求