「うつむく小町図」
価格お問い合わせください
サイズ96.5×36.5(179.5×48.5)cm
素材絹本着色
備考軸装
落款・印
萬野美術館旧蔵
作品番号A2-91-107
作品解説
遊女を始めとする同時代の吉原風俗を盛んに描いた長春であるが、本作では絶世の美女と謳われた平安歌人の姿を表す。着物にあしらわれた桜の文様は、その作のなかでも最もよく知られた、「花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに」の歌を暗示するものであろうか。流麗な描線が描き出す彼女の面持ちは、恋の憂いに沈んでいるようにも見える。国宝・重要文化財を含むコレクションを有した萬野美術館の旧蔵品。
宮川 長春(みやがわ ちょうしゅん)
みやがわ・ちょうしゅん 天和2(1682)尾張~宝暦2(1752) 浮世絵師。菱川師宣や懐月堂派に学ぶ。また稲荷橋狩野家の狩野春湖にも師事したと推測される。版画制作をせず、一品制作の肉筆浮世絵を専門に、遊女や遊里風景、庶民風俗などを丁寧な彩色と筆致で描いた。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求