歌川国芳「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」
歌川国芳「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」
歌川 国芳(うたがわ くによし)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1797(寛政9)〜1861(文久元)
出身県・ゆかりの県:東京
師:初代豊国
歌川 国芳(うたがわ くによし)
浮世絵師。初代豊国の門下。号は採芳舎、一勇斎、朝桜楼など。幕末に人気を分けた歌川派三人の一人。無類の猫好きだった国芳は、猫を題材にした戯画を多く描き、金魚や鯉、亀なども彼によって擬人化されている。また、人間の身体が人間の顔を構成する形を作り出す純粋な形の遊びに類するものもあり、国芳の発想はこの上なく豊かである。
歌川 国芳のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、歌川 国芳作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求