河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい)絵師・浮世絵師(江戸以前)日本画
1831(天保2)〜1889(明治22)
出身県・ゆかりの県:東京茨城
師:歌川 国芳前村 洞和 狩野 洞白陳信
弟子:河鍋 暁雲 河鍋 暁翠 真野 暁亭 島田 友春 綾部 暁月 早川 松山 荒木 白雲
河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい)
1831年(天保2)、現在の茨城県古河市に藩士・河鍋記右衛門の次男として誕生する。7歳で浮世絵師・国芳に入門し、10歳で駿河台狩野派の前村洞和、ついでその当主・狩野洞白陳信に学び、19歳の若さで「洞郁陳之」の画号をいただいて修業を終える。しかし修業を終えたのは幕末の頃で、狩野派絵師として生きることは難しかったことから、「狂斎」等の画号で浮世絵、戯画、行灯絵などを描いて糊口をしのいだ。1870年(明治3)10月には筆禍事件を起こすが翌年正月に放免後、号を「暁斎」と改め、絵師としての活動を再開する。 

その後は、1876年(明治9)のフィラデルフィア万国博覧会に肉筆作品を出品し、また同年来日したフランス人実業家エミール・ギメや同伴の画家フェリックス・レガメと交流し、広く海外でも活躍が知られるようになり、1881年(明治14)には、第2回内国勧業博覧会へ「枯木寒鴉図」を出品し、日本画の最高賞妙技二等賞牌を受賞し、公的にも評価された。
河鍋 暁斎のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、河鍋 暁斎作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求