狩野芳崖「悲母観音図」
狩野芳崖「悲母観音図」
狩野 芳崖(かのう ほうがい)日本画
1828(文政11)〜1888(明治21)
出身県・ゆかりの県:東京山口
師:狩野 雅信
交流関係:橋本 雅邦
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
狩野 芳崖(かのう ほうがい)
 長府藩の御用絵師の子として長府印内(現:山口県下関市)に生まれる。19歳で江戸木挽町の狩野勝川院雅信の門に学ぶ。同門に彼の終生の盟友となった橋本雅邦がいる。幕末動乱の期には画筆を捨てて国事に奔走する。江戸幕府崩壊・明治維新によって定職を失い、貿易商の下絵書きをしていた時期もあるが、 第2回絵画共進会出品作の『桜下勇駒図』『雪山暮景図』が帝国大学のフェノロサや岡倉天心に高く評価され、日本絵画の正統なる継承と近代絵画への脱皮の可能性を見いだされることとなる。これ以後、芳崖は日本画の伝統に西洋絵画の写実や空間表現を取り入れた、新・日本画の創生に献身する。 同時に東京美術学校(現:東京藝術大学)の創立に尽力した。しかし、明治21年(1888)、開校(翌年)を見ずに没した。
狩野 芳崖のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、狩野 芳崖作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求