小茂田 青樹 「水邊夏趣」
小茂田 青樹 「水邊夏趣」
小茂田 青樹(おもだ せいじゅ)日本画
1891(明治24)〜1933(昭和8)
出身県・ゆかりの県:埼玉
師:松本 楓湖
弟子:田中 青坪
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
小茂田 青樹(おもだ せいじゅ)
明治41年、画家を志して上京、松本楓湖の主宰する安雅堂画塾に入門する。大正2年の第13回巽画会に空明の号で出品し、3等賞をえた「野趣四題」で注目され、翌年今村紫紅を中心とする青年画家たちにより結成された赤曜会に参加、号を青樹と改めた。大正5年紫紅の死去により赤曜会の活動は終息するが、その後もメンバーは目黒派と呼ばれ注目される。大正4年の第3回院展に「金沢八景」を出品し、八景のうち「小泉夜雨」が初入選。第5回院展には「菜園」が入選。狭山へ居を移し、武蔵野の風景を題材に写実を基調とした濃密な画風を築く。大正10年の第8回院展に出品した「出雲江角港」で、認められ日本美術院同人に推挙される。以後、昭和6年の「虫魚画巻」出品にいたるまで院展で活躍する。昭和8年、42歳の若さで没した。
小茂田 青樹のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、小茂田 青樹作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求