今村 紫紅 「宇津の山路」(静岡県立美術館蔵)
今村 紫紅 「宇津の山路」(静岡県立美術館蔵)
今村 紫紅(いまむら しこう)日本画
1880(明治13)〜1916(大正5)
出身県・ゆかりの県:東京
所属・会派:日本美術院紅児会
師:松本 楓湖 岡倉 天心
今村 紫紅(いまむら しこう)
明治30年(1897)、同じく日本画家の兄・今村興宗と共に上京し、松本楓湖の安雅堂画塾に入門。33年、紫紅会(後に紅児会に改称)に入会。盛んに研究会を行い、同展には大正2年(1913)の解散まで出品を続ける。

明治35年に日本美術院に入会。茨城県五浦に移転した日本美術院研究所を訪れ、岡倉天心のもとで制作。国画玉成会第1回展で「時宗」が3等賞2席。44年、第5回文展で「護花鈴」が褒状受賞、第6回文展で「近江八景」(重要文化財)が2等3席と、次々に名品を誕生させた。 横山大観らの次代を担う若手画家の代表格として、同時代の画家たちに大きな影響を与えた。脳溢血により35歳の若さで亡くなる。
今村 紫紅のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、今村 紫紅作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求