落合芳幾「東京日日新聞」
落合芳幾「東京日日新聞」
落合 芳幾(おちあい よしいく)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1833(天保4)〜1904(明治37)
出身県・ゆかりの県:東京
交流関係:月岡 芳年
落合 芳幾(おちあい よしいく)
浮世絵師で、新聞人である。姓は落合、名は幾次郎。画姓は歌川、画号は一恵斎、一蕙斎、蕙斎、朝霞楼、洒落斎、蕙阿弥など。 歌川国芳の門下で、月岡芳年とは兄弟弟子。一時は浮世絵師として芳年と人気を二分する程であった。新聞人としてまた挿絵画家として新聞の発行にもかかわったことでも知られる。
落合 芳幾のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求