近藤悠三「山染付金彩壷」
近藤悠三「山染付金彩壷」
近藤 悠三(こんどう ゆうぞう)工芸
明治35(1902)()〜昭和60(1985)()
出身県・ゆかりの県:京都
近藤 悠三(こんどう ゆうぞう)
1914(大正3)年京都市陶磁器試験場附属伝習所入所、濱田庄司に指導を受ける。1921(大正10)年奈良県の富本憲吉の工房助手となる。以後富本の「模様から模様をつくらず」という精神に感化され、アザミ、葡萄、石榴、山などを自らのスケッチを基に藍色の豪快な筆致で描いた。新匠会会員、1970(昭和45)年 紫綬褒章、1977(昭和52)年には、染付技法において人間国宝に認定されている。
近藤 悠三のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求