川喜田 半泥子(かわきた はんでいし)工芸
1878(明治11)〜1963(昭和38)
出身県・ゆかりの県:三重大阪
交流関係:荒川 豊蔵金重 陶陽久田 宗也 山口 誓子会津 八一三輪 休和
川喜田 半泥子(かわきた はんでいし)
陶芸家・実業家。百五銀行頭取。大阪生まれ。本名は川喜田久太夫政令。半泥子、泥仏堂、無茶法師、紺野浦二、其飯、莫迦耶盧主人などの号がある。三重県の素封家川喜田家の第16代にあたり、実業家として活躍する一方で、書画、俳句、茶道など美術を青年の頃より強く関心を示す多芸多趣味の趣味人であった。1912年(大正1)には楽窯を津市内の自邸に築き、晩年には同市の広永に窯を移して弟子の養育にも尽力した。今なお多くの人を魅了し、「東の魯山人・西の半泥子」「昭和の光悦」などと称され、趣味の域を超え、高い評価を受けている。「大伝馬町」「泥仏堂回録」「乾山考」などの著作もある。
川喜田 半泥子のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求