会津八一「玉壺氷心」
会津八一「玉壺氷心」
会津 八一(あいず やいち)筆跡
1881(明治14)〜1956(昭和31)
出身県・ゆかりの県:新潟
師:坪内 逍遙 小泉 八雲    
弟子:吉野 秀雄 植田 重雄 
交流関係:津田 左右吉 丸山 眞男  
会津 八一(あいず やいち)
  歌人・美術史家・書家。雅号は、秋艸道人、渾斎。中学時代から和歌、俳句を作り、万葉集や良寛の歌に親しんだ。明治39年早稲田大学英文科を卒業。43年から昭和20年まで早稲田中学及び早稲田大学で教鞭をとった。20年新潟市に帰り、「夕刊ニイガタ」社長、「新潟日報」社賓となり、名誉市民に推された。万葉調を基調としながら東西美術・文学の影響をうけた近代感覚を歌い上げた独自な歌風を樹立した。また書家としても一家をなした。 
会津 八一のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、会津 八一作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求