荒川豊蔵「志野茶碗」
荒川豊蔵「志野茶碗」
荒川 豊蔵(あらかわ とよぞう)工芸
1894(明治27)〜1922(大正11)
出身県・ゆかりの県:岐阜
師:北大路 魯山人宮永 東山
荒川 豊蔵(あらかわ とよぞう)
画家を目指して京都に上京したが挫折し、宮永東山が経営する東山窯の工場長となる。そこで出会った北大路魯山人に招かれ、昭和2年鎌倉長岡窯に移る。8年大萱に桃山時代と同じ単室窖窯を築く。21年多治見市に水月窯を築く。中国や日本の古陶磁研究、桃山茶陶の技法の復活に熱意を燃やし、やがて古陶の再現を脱した自身の作陶を成熟させた。昭和30年「志野」「黄瀬戸」で人間国宝。46年文化勲章受章。同年豊蔵資料館を開館。
荒川 豊蔵のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求