金子 鷗亭(かねこ おうてい)
明治39(1906)北海道~平成13(2001)東京 書家。比田井天来に師事し、上田桑鳩が結成した書道芸術社に参加するとともに、昭和の書は昭和の文言で書くべきという「近代詩文書運動」を興す。毎日書道展開催に尽力。隋鷗社結成、その後創玄書道会を設立し、日本の書を世界に広めた。溝口健二監督『赤線地帯』、黒沢明監督『蜘蛛巣城』のタイトル揮毫でも有名。《丘壑寄懐抱》で日展文部大臣賞、日本芸術院賞受賞。文化勲章受章。
金子 鷗亭
「一痕の雪渓 (富安風生の句)」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
金子 鷗亭作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「金子鷗亭」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

金子鷗亭の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求