吉井勇「短歌」
吉井勇「短歌」
吉井 勇(よしい いさむ)筆跡
1886(明治19)〜1960(昭和35)
出身県・ゆかりの県:東京
吉井 勇(よしい いさむ)
1909年、森鴎外を中心とする『スバル』創刊となり、石川啄木、平野万里の三人で交替に編集に当たる。三月には戯曲「午後三時」を『スバル』に発表。1915年、歌集『祇園歌集』を新潮社より刊行。装幀は竹久夢二、この頃から歌集の刊行が増える。土佐での隠棲生活を経てに京都に移り、歌風も大きく変化していった。1948年8月、日本芸術院会員となる。
吉井 勇のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求