小川 芋銭(おがわ うせん)
おがわ・うせん 慶応4(1868)江戸~昭和13(1938)茨城 日本画家。牛久藩藩士の家に生まれる。本多錦吉郎に洋画を、抱朴斎に漢画を学ぶ。農事の傍ら新聞などに風刺漫画を掲載。大正6年日本美術院同人に推され、以後院展に新南画風の作品を発表。農村、山水風景が主題の水墨画を描き続けた。特に河童の絵が有名。書道、随筆、俳人としても知られる。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
小川 芋銭作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「小川 芋銭」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求