小川 芋銭「怒涛」
小川 芋銭「怒涛」
小川 芋銭(おがわ うせん)日本画
1868(慶応4)〜1988(昭和13)
出身県・ゆかりの県:茨城
所属・会派:日本美術院
師:本多 錦吉郎 抱朴斎
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
小川 芋銭(おがわ うせん)
旧藩解体により、幼少の頃から働きながら本多錦吉郎に洋画を、また南画家抱朴斎に漢画を学ぶ。1893(明治26)年牛久に戻り、農事の傍ら茨城県の新聞『いはらき』や、幸徳秋水の『平民新聞』などに風刺漫画を掲載する。1917(大正6)年日本美術院同人に推され、以後院展に新南画風の作品の発表を続ける。農村・山水風景や、河童を主題に詩的・空想的な水墨画、淡彩画を描き、日本の風土に密着した画境を繰り広げた。また、独学で和漢洋の学を修め、書道・随筆・俳人としても優れた作品を残した。
小川 芋銭のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、小川 芋銭作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求