鳥海 青児(ちょうかい せいじ)
明治35(1902)神奈川~昭和47(1972)東京 洋画家。本名正夫。三岸好太郎らと麓人社を結成。渡欧後は重厚感のある独特のマチエールで評価を確立した。野口弥太郎、林武らと親交があり、浮世絵、仏画、古陶磁の蒐集家としても知られる。春陽会会員、独立美術協会会員。
鳥海 青児作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「鳥海 青児」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求