横山 操「朝富士」
横山 操「朝富士」
横山 操(よこやま みさお)日本画
1920(大正9)〜1973(昭和48)
出身県・ゆかりの県:東京新潟
所属・会派:青龍社轟会
師:石川 雅山
横山 操(よこやま みさお)
日本画家。新潟県に生まれる。中学校を卒業後、画家を志し上京、洋画家石川雅山の内弟子となり昭和13年光風会第25回展に入選するが、翌14年雅山のすすめで日本画に転向、川端画学校に学ぶ。この年院展に初入選、15年には青龍社展に入選するが召集され、敗戦後はシベリヤで抑留生活を送り、25年に帰国した。その後青龍社を中心に入賞を重ね、従来の日本画の枠にとらわれない黒を多用した大胆な大作をつぎつぎに制作。 37年青龍社を脱退。40年から加山又造とともに多摩美術大学日本画科で指導にあたる(41年から教授)。豪放な大作を次々と発表し、戦後日本画の革新をめざして個性的な軌跡を残した。 
横山 操のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、横山 操作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求