加山又造「華と猫」(東京国立近代美術館蔵)
加山又造「華と猫」(東京国立近代美術館蔵)
加山 又造(かやま またぞう)日本画
1927(昭和2)〜2004(平成16)
出身県・ゆかりの県:東京京都
所属・会派:創画会轟会
師:山本 丘人
交流関係:横山 操石本 正
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
加山 又造(かやま またぞう)
 父は西陣織の衣装図案家。京都市立美術工芸学校、東京美術学校を卒業。山本丘人に師事。昭和25年創造美術展に初入選。日本画の革新を目指し、斬新な発想と動的な描写で早くから注目される。昭和34年石本正、横山操とともに轟会を結成。大和絵や琳派といった伝統的な様式美にこだわりながら、現代的な感覚を盛り込み、華麗で装飾的な作品を生み出した。昭和49年創画会の創立に参加。 平成9年文化功労者に選ばれ、平成15年文化勲章を受章。東京芸術大学名誉教授。 
加山 又造のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、加山 又造作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求