山崎 朝雲(やまざき ちょううん)彫刻
1867(慶応3)〜1954(明治29)
出身県・ゆかりの県:東京福岡
師:高田 又四郎高村 光雲
弟子:佐藤 朝山松尾 朝春
交流関係:平櫛 田中米原 雲海
山崎 朝雲(やまざき ちょううん)
福岡県生まれ。名は春吉、号は朝雲、羯摩。はじめ郷里の仏師高田又四郎に木彫を学び、のちに 明治28年の京都での第4回内国勧業博覧会に出品した「養老の孝子」が高村光雲に認められ、上京し入門した。明治33年パリ万博に「気比斉晴」などを出品。 明治40年に岡倉天心を会長として米原雲海、平櫛田中らと日本彫刻会を結成した。同会をはじめ文展、帝展、新文展、日展を通じて人物彫像を中心に日本木彫の伝統を守りながらも写実的表現を取り入れた。門下に松尾朝春、佐藤朝山がいる。帝展審査員、帝室技芸員、日本芸術院会員などを歴任。文化功労者。
山崎 朝雲のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、山崎 朝雲作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求