平櫛田中「西山逍遥」
平櫛田中「西山逍遥」
平櫛 田中(ひらくし でんちゅう)彫刻
1872(明治5)〜1979(昭和54)
出身県・ゆかりの県:東京岡山
師:岡倉 天心中谷 省古高村 光雲
交流関係:米原 雲海新海 竹太郎山崎 朝雲
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
平櫛 田中(ひらくし でんちゅう)
本名は平櫛倬太郎。旧姓は田中。明治15年平櫛家の養子となる。尋常小学校卒業後、大阪に奉公に出て、奉公先の近所に住んでいた人形師・彫刻家の中谷省古に弟子入りし、木彫の手ほどきを受ける。明治30年上京し、翌年高村光雲に自作の観音像の批評を請う。以後光雲に師事するが実際の指導は受けず、兄弟子にあたる米原雲海に強い影響を受けながら独自で研究を進めた。 優れた写実力を持ち、独自の深い精神性がこめられた作品を数多く制作。近代木彫を大正、昭和にかけて展開、発展させ、百歳を超えてからも現役の彫刻家として活躍した。帝国芸術院会員。東京藝術大学教授。文化功労者。文化勲章受賞 
平櫛 田中のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、平櫛 田中作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求