山岡 鉄舟「二行書」
山岡 鉄舟「二行書」
山岡 鉄舟(やまおか てっしゅう)筆跡
天保7(1836)()〜明治21(1888)()
出身県・ゆかりの県:
師:千葉 周作
交流関係:勝 海舟高橋 泥舟
山岡 鉄舟(やまおか てっしゅう)
幕末・明治初期の政治家・剣術家。通称鉄太郎。刀槍に長じ、無刀流を創始。春風館道場設立。慶応4年(1868)3月、江戸平和開城のため勝海舟(1823-1899)の使者として駿府におもむき、西郷隆盛(1828-1877)と勝の会談の実現に尽力した。維新後、新政府に出仕、明治天皇の侍従、宮内少輔を歴任。禅に通達した人生観は剣の名声とともに剛毅武人の模範となった。勝海舟、高橋泥舟(1835-1903)とともに「幕末の三舟」と称される。
山岡 鉄舟のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求